Neetrino跡地
ただの廃墟
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第6回定点観測
はい。
こんばんは。
Dです。
10節ぶりにやってまいりました。
Gv勢力図@定点観測です。

今、Sesで起こっている戦略の衝突が
一目で分かったり分からなかったりする定期連載早速スタート!

第6回定点観測

まず俯瞰してみましょう。
10砦増えたことにより153%全体の期待値が上昇しています。
1位から10位までの勢力が
170%を超える成長をしているのに大して
11位から15位まではわずか116%。
16位以下に関しては73%というマイナス成長です。
新風連の暁連参加。天血連のエコ連参加が原因でしょうか?
いえ、それだけではないと思います。
SE勢力とそれ以外の勢力で
力対力、戦略対戦略で絶望的な差が開いているのです。

第6回定点観測比較-2

ではSE勢力になっていれば安心かというと
決してそういうわけではありません。
前回、勢力図3位だったペコ連が解散しています。
また4位だったLE連も
極楽が抜けて戦力の低下が明らかになりつつあります。
EA連のTOPは変わっていませんが
鷹連を除けばSEのためにカスタマイズした勢力のみが
SesのTOP10にいるのです。

個別に見てみましょう。

1位EA連。
不動の1位です。
247節にSNK+LEFP連によるA4攻めがあり敗れてから
攻め回りに転じているようですが
総合的なSes最強は揺るがないと思います。
SEのために特別な動きはしていないのですが
ナチュラルにスペシャルってことですかね。
((;゚□゚))ガタガタ

2位鷹連。
成長率253%。
マスターが交代して弱体化の噂が囁かれましたが
結果はきちんと残しています。
さすが"アルトリアの後継"ということでしょうか。
EA連に次ぎ、史上2番目の1G越え勢力となりました。
おめでとうございます。

3位野良連。
成長率370%。今回第2位の成長を誇ります。
ここはINTの意志が強い気がしますね。
砦の選択の仕方に過去の野良連の傾向がうかがえません。
動向に要注目です。

4位SNK連。
247節に"覇王"EA連を祭りで攻め落とし
商業値を初期値にまで叩き落した豪傑。
また249節にはEA連の攻めを単独で凌ぎきり
EA連を初の?宿無しに追い込んでいます。
現在の指揮傾向はかなりの武闘派と見て間違いないでしょう。

5位エコ連。
244節にできた連合です。
2代目DSとしては初の連合体制になります。
成長率173%とSE勢力の中ではかなり控えめで
目立った実績はまだ何もありません。
実はDSの管理体制があまりに貧弱で(内部情報のため検閲削除

6位ME連。
EA、鷹と並んで
SE前から体制を変えていない数少ない勢力でしたが
248節にとうとう同盟を増やします。
旧ペコ連のハラペコ団とRevがどう機能していくのか。
元からSesでは3本の指に入ると言われていた勢力だけに
この路線変更は見逃せません。

7位しるさんち
成長率383%。堂々の第一位です。
ここは最近単体で動くことが増えてきました。
そして驚異的なことに
SE勢力を次々と単独で撃破しています。
245節の野良連宿無し、248節のME連(ペコ含む)の宿無しも
この勢力の仕業のようです。
数は確実に30いないと思うのですが
旧NNTTの心臓部分とも言えるこのGは
圧倒的な戦術と装備でSE勢力さえ容易に寄せ付けません。
さしずめSE勢力殺しの死神、といったところでしょうか。

8位チラ猫連
成長率は346%。第3位です。
野良連からライバル視されているようですが
期待値LVでいうと半分くらい。
付き合ってると財政的な意味で
身が持たないんじゃないかと心配してましたが・・・。
高い成長率でカバーできそうで安心しました(*´∀`)

9位暁風連(仮)
成長率201%。
247節に結成された連合です。
新暁連というのが正しいんでしょうか?
暁連と新風連の同盟です。
運営にあのEKD先生を加えて
今までとはかなり異なる行動傾向を示すようになってきました。
人数も70とも80とも言われ1画面では確認できないくらいの
戦術規模を誇ります。

10位LE連
成長率105%。
LEFP連時の期待値を
まるごと算入しても成長率は150%に届きません。
極楽が脱退し、FPとの体験同盟も終わってしまい
傍から見ててもかなりドキドキする展開です。

11位以下はあまり当たることのない勢力なので
恥をさらさない程度にちょっとだけコメント。

11位輪廻連
成長率202%で同連合初の300Mオーバーです。
SE勢力でなければ終わった!と思うのは
輪廻連がある限り早計なのかもしれません。
過去10節中宿無しは1回のみ。
それは即ちほとんど全ての派遣を跳ね返した結果と言えます。
軽い気持ちで手を出すと痛い目に遭いそうです。

14位MR連(仮)
成長率88%と
旧午後連時より落ち込んでいます。
ただ溜まり場が近いのでたまに覗くんですが
ここ平日でも活気あるんですよね。
Gvもあのテンションだったら楽しそうですね(*´∀`)

15位WRC連
成長率59%。
一時、暁連にまで届こうかという勢いでしたが
完全に大型化の波に飲まれてしまっています。

さてはっきり申し上げましょう。
今が過去100節以内において一番Gvが面白い時期です。
戦略と戦略、戦術と戦術の衝突が毎週のように見て取れます。
野良連、エコ連、SNK連、ME連、しるさんち、チラ猫連、暁風連、LE連。
3位から10位までの勢力は全てSEのために
カスタマイズを試みた連合です。
EA連、鷹連もSE砦の戦術の研究には余念がないことでしょう。

恐らく今が最終戦争です。
これ以上の闘争は今後Sesには訪れません。

もはやお分かりでしょう。
同盟を増やす、新たにSE勢力を増やすと言ったって
Gv人口というパイの大きさは減少の一途を辿っています。
今回の勢力図でも下位勢力に対して
キャッシュが回らない傾向がはっきりとしました。
全体としてパイは縮小せざるを得ません。
Gvの枠組みが変わるほどのインパクトがあるとすれば
3次職の実装くらいでしょう。
今後10節においてSE勢力の枠組み、立ち位置が更にはっきりします。
10節後の形がSesを永らく支配する体制になる、と予測します。

1つ言えることは
TOPのEA連は計算された覇道ではなく
最も洗練された戦略の中から
ゲーム的で面白い動きを選択した気がします。

最後に円グラフを召還してみましょう。
249節!

249節SesGv勢力図円グラフ

パッと見で激変してますね。
5位までで50%超えてるのが恐ろしい。
10位までの勢力が83%になっています。
16位以下勢力が7%・・・。

239節!

239節SesGv勢力図円グラフ

10位までの勢力は72%。
16位以下勢力が15%ありました。
 
今回、連合周り、DS周りでゴタゴタしてて
あまり時間かけられませんでした(´;ω;`)ウッ…

今後、そっち関係の仕事の比重が増える予定もあり
どこかの部分をリストラせざるを得ないかなと思っています。
平日のログインは既に諦めていますが
土日のログイン時間すら確保できなくなってきました。

DS内、エコ連内に小隊長クラス、サブマスクラスが
増えてくれると嬉しいのですが
今日欲しいからと言って明日できるものでもなく。
繁忙期もある身の上なので、どうしたものかなーと・・・。
誰でも動ける程度のシステム、道筋は作るつもりですが
実行するだけの気概を持ってくれる人が現れない限り
1人としての限界が当然あるわけで悩ましいのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neetrino.blog47.fc2.com/tb.php/337-c270915a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。